カテゴリー:長崎の鐘の記事一覧

アマゾン商品セレクトショップ

アマゾン商品へのリンク集

カテゴリー:長崎の鐘

長崎の鐘 今日も朝から、帰ることばかり考えていた。

長崎の鐘 子を持って知る 親の預金

4月9日(日)に大阪城ホールで行われるイベント。
VELVETSも出演なさいます。

本日、中村泰士先生の事前練習に参加して参りました。
お仕事や遠方からで練習に行かれない方にもシェアしておきたいと思いましたので、記事に致します。
なお、各曲のポイントは、長くなりすぎたため別記事にまとめさせていただきます。
併せてご覧いただければ幸いです。
【曲順】

01.青い山脈
02.いい日旅立ち
03.木綿のハンカチーフ
04.五番街のマリーへ
05.心の旅
06.糸
07.365日の紙飛行機
08.時の流れに身をまかせ
09.さよならの向う側
10.桃色吐息
11.異邦人
12.長崎の鐘
13.いつでも夢を
14.喝采
【中村式発声練習】

最初、曲に入る前に、中村先生もいつも実際になさっているという発声練習を。
喉が柔らかくなり、声が出やすくなるそうです。

1.口をパクパク縦横に動かしながらミの音を。
2.低く「ヴー」と唸るように伸ばす。
3.「ヅー」と歯に響かせながら伸ばす。
 音をいろんな前歯に当ててみて、一番響く歯を見つける。
 その歯に音を響かせながら歌うと、喉が疲れづらい。

文章で書くの難しいですね(^^;)
こちらは当日の本番前の練習でもまたやっていただけると思います。
【注意点】

当日は画面に歌詞が表示されるので、それを見ながら歌えばOK。
今回は初の試みのため、パート分け等はなしだそうです。

曲を繋げた壮大なアレンジになるので、1曲歌い終わっても演奏が終わるまでは拍手をしないでほしいとのこと。
【服装】

自由。
客席をカメラが回るので、カメラに耐えられるように(笑)。
顔まわりに光り物がある方がカメラは行きやすいはずとのことでした(笑)。

立って歌うので足元はラクで痛くない靴、トップスを明るい色に、ネックレスやピアス・イヤリングを華やかなキラキラのものにするといいのではないかなと思いました。
髪型は(特にアリーナ席の方は)後ろの方が見えづらくない程度にとどめた方がいいかと。
【指揮】

練習開始前に中村先生から、指揮とはどういうものかというお話がありました。

ブレス(息継ぎ箇所)を演出するのが指揮。
ブレスとはそのあとのフレーズに命を与えるための呼吸であり、軽く息継ぎをするか強く吸うかで次のフレーズが大きく変わる。
そのため次のフレーズを意識して、どのくらいの強さでどんな風に吸うのかを決めなければならない。
しかし歌いながら・歌詞とメロディを追いながら、次のフレーズにまで意識を向けることは非常に難易度が高い。
そのために指揮者が存在する。
指揮者を見れば、自分で考えずとも、ブレスのタイミングや呼吸の強弱のつけ方が分かる。
したがって歌に集中できる。
指揮者のことを「ブレスを要求しているのだ」という目で見る。

個人的に、このお話を伺ったことで、9日の公演はもちろん、黒川合唱団のこともまたちょっと違う視点で見られたので、書いておきます。
【他】

『五番街のマリー』・『心の旅』・『365日の紙飛行機』・『桃色吐息』は2回歌ったのだったかな。
『異邦人』辺りから時間が押してきたのか、特に解説なくザザッと次々と歌っていく感じになりました(笑)。

当日も公演前に練習時間はありますが、(権利関係なのか)原曲を聴くことはなく突然歌に入るので、曲を全く知らない状態だとちょっと厳しいと思います。
特に20代以下の方は予習必須かと。

細部のメロディラインやタイミングが曖昧な方が(私含め)多いなと感じました。
比較的安定感があったのは『時の流れに身をまかせ』・『いつでも夢を』くらいで、あとの曲はどこかしら危なっかしい印象の箇所がちらほらと(私含め)。
『心の旅』・『桃色吐息』辺りは特に難しそうだったかもしれません。

全曲有名で聴く機会の多い名曲ばかりですから、タイトルだけ見れば
「あ~、知ってる知ってる!」
って感じなんですが、歌ってみると、意外に結構曖昧なんですよね……!(笑)

“知ってるかどうか”
よりも
“歌えるかどうか”
に基準を置きながら、一度改めて聴き直してみることをお勧めします。
こんな感じかな?
何かあればまた追記致します。
ご不明点等あればお気軽にコメント欄・メッセージやTwitterのリプ・DMでおっしゃってくださいませ。

長崎の鐘でオシャレ度アップ

昨日5/30は、年2回行っている特別養護老人ホームで、歌唄いの川口京子さんとコンサートでした。

予め曲を用意していきますが、今回前半のプログラムの中で唱歌の「大こくさま」が大変受けたので(毎回のことですが、受けるとスイッチを入れたかのように大合唱になります)、後半のプログラムを大幅に変更。楽譜は持っていませんでしたが、急遽「茶摘」「しゃぼん玉」「アメフリ」「誰か故郷を想はざる」「月の沙漠」を入れたのでした。

その他「高原列車は行く」や「旅の夜風」「長崎の鐘」なども受けていました。

東京のど真ん中にあるホームなので、毎回最後は「東京音頭」です。

川口さんとは急遽変更できる醍醐味があって、そのお陰でお年寄りの皆さまも盛り上がってくださって、とても楽しいひとときを過ごせるのでした。

終わった時、一人のおばあさまが私に向かって手招きをされて、側に行くと握手されました。
そして
「おじょうさん、難しい曲たくさん弾いてくれてありがとう。」
と仰いました。
嬉しかったです。
でも、(勿論私はそのおばあさまよりずっと年下ですが)私を何歳だと思っているんだろう?

唱歌は、その昔きっと学校できっちりお習いになったとみえて、皆さまよく歌われます。

次に伺った時も元気なお姿で皆さまにお会いできたらいいなあ。

長崎の鐘の理想と現実

長崎の鐘の口コミ情報を紹介、マル秘情報とも思える記事も提供しています

「北九州再発見」
大東亜戦争中の昭和19(1944)年6月16日北九州市に初空襲、旧小倉市(大手町)の小倉陸軍造兵廠の防空壕に避難した83名の動員学徒や女子挺身隊たちが犠牲となりましたが、軍施設であったため内密にされました。
  平成7(1995)年9月にこの悲しい出来事が発覚、何とか形や歴史説明板などで後世に伝えたい思いが大きな市民運動となり、平成12(2000)年12月14日「平和祈念像」(青い手の像)が「アルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧厚生年金会館)」前に建立、戦後70年の平成27年2015年)11月末北九州市が薄くなった「平和祈念像」を塗替え、土台1タイムカプセルの2000年中学3年生4000人分の作文は平成28年2016年)「小倉のまちづくりを考える会」が募金残金90万円余で、作文返還。

 今後歴史説明板設置され、子供たちの郷土歴史教材や地域活性に活用されることを期待します。
 「北九州再発見」は、北九州市には同じように歴史伝承されていない史跡が多いことに気が付き、平成19(2007)年7月21日結成、8月15日「小倉城下町平和ウォーク」開催後、翌年から年3,4回北九州市の歴史文化を学ぶコース企画。

平成29年6月16日(金)「小倉城下町平和ウォーク」
       参加費3000円 
おやつ・お茶・昼食・入館料・カラー冊子(90P )

<主なウォーキングコース> 
常盤橋8:15集合8:30出発~9:20小倉城庭園(企画展「VIVID銘仙~
20世紀前半のファッショナブル着物~」・呈茶・「心」石碑など)
~10:20軍馬忠霊塔・明治二十七八年役記念碑・忠魂碑~八坂神社
~11:10小倉城(「愁風小倉城」を歌います)~11:30昼食(「糠蔵
」お楽しみ弁当)12:10~12:30十二師団司令部址・白洲灯台・
劉勘吉の碑・長崎の鐘など~13:20勝山弓道場見学13:40~13:50
北九州平和祈念像~14:10戦時資料展示コーナー見学14:40~
初空襲跡地~15:00永照寺15:40~15:50大手町公園~小銃試射場跡
~16:30旧小倉陸軍造兵廠地下室跡見学16:50解散

<お申込み>
携帯、もしくははがき・FAX・メールにお名前・住所・お電話・生年月日
御記入の上お申込みください。「北九州再発見」

                 携帯=090-2968-1991たみや

                                     FAX= 093-531-8886
        

下北沢に「長崎の鐘喫茶」が登場

5/29 平成29年度生涯学習講座「生きがいゆとり教室」

1 「懐かしい歌・思い出の歌②」

⑪ 「柔」 昭和40年 古賀政男作曲 歌手 美空ひばり

       「一生一度」→いい所、浪花節語り。

       S39年 東京オリンピック音頭。

⑫ 「北上夜曲」 昭和15年に出来たが、

          S64年にマヒナスターズが歌う。

         3拍子。発音に気を付ける。

      「なにぬねの」「まみむめも」→華やかに歌う。

      「がぎぐげご」も華やかに歌う。

⑬ 「長崎の鐘」 昭和24年

          歌い方に注意。「なぐさめ はげまし ながさきの」

          → 声を縦にして歌う。

⑭ 「湖畔の宿」 昭和15年 服部良一作曲

           戦場への慰問の歌。兵隊は軍歌が好きではない。

           こんな歌に癒された。

⑮ 「ふたりの大阪」 市川昭介作曲

              古い歌を唄ってきたが、まだこれは新しい。

1年目の昨年ほど感動しなかったが、

80歳の講師の声が良く、元気な姿に癒された。

            おわり 

長崎の鐘 あれと、これと、てれと。

長崎の鐘 ホッとする安心

こんばんは

メタセコイアカウンセリングルームです。

広島に続いて今日は長崎の原爆記念日

でしたね。

8日の夜は、長崎平和公園で市内小中学

生が作った5000本のキャンドルが並べ

られ、灯がともされ、平和への思いを、繋

いでいきました。

今日もいろんな番組が作られ、議論が交

わされたのですが、今も戦争が続くシリア

のお子さんとの交流があり、胸が締め付

けられるような思いでした。

日本の子ども達も参加して、思いを述べ

ていました。

もっともっと語り継いでいく場面が増える

といいな

怒りの広島(人間を返せ・峠三吉詩集)

祈りの長崎(長崎の鐘・永隆作品)

という別のイメージがあるようですが、ど

ちらも同じ気持ちでしょうね。

どちらかだけではないはず・・・。

長崎はキリスト教の信者さんが多いので

「平和を祈る」という印象があるのかもし

れません。

いずれにしても、伝えていくことが、大切

だなと、また、しみじみ思いました。

どうか、かなわぬ願いにしても、世界に

平和が訪れますように・・・。

子ども達の未来が少しでも平和であり

ますように・・・。

祈っていきたいと思います。

さて、今日嬉しかったこと。

リハビリの先生と、虫の話で盛り上がった

こと

最近虫の話が出来なかったので・・・。

息子と話しているようで楽しかったです。

息子は、虫博士でしたから・・・

ではまた

今日も、最後まで読んで下さってありがとう

ございました≧(´▽`)≦

長崎の鐘をしっかり選ぼう!

求め要る

事に事欠く

言は無く

駄目と決まれば

ヤロうぜ宣う

しかしです

万一存在

もしあれば

殺してしまえる?

勇気がおありで?

自分嫌

他にはOK

ふざけるな

痛みを知れと

これまでこれから

ふと孤独

そんな時に声

歌合戦

欽ちゃん司会の

家族対抗?

冗談は

さてに置き置き

歌合戦

「深さ」の素敵

和歌の行き交い

子供さん

元気に詠んで

歌合戦

家族対抗

司会はきんちゃん?

儚くも

過行き「時」は

留まらず 

水の調べに

分かつこと知る

追い越しもせず

痛み事

経て来た事の

易からず

せめてこの身で

知るがわたしと

夢でみる

背の高き方

両刀で

攻めも護るも

大きさ知りたく

デンマーク

ご訪問さる

日嗣皇子

寂しく「くそっ」と

涙幾たび

皇(すめらぎ)の

御位継がる

日嗣皇子

お優しさは誉

御代の栄を

素直なる

気持ちは不敬

思えども

お話しお相手

御護り役にも

身を護る

武道か何か

学ぼうか

思えど「あちょ~」を

鍛えるも良し

先知れぬ

夜の辛さの

身の硬く

「思い」の中に

心寄せたく

「長崎の鐘」に寄せ藤山一郎先生との合作

夜youtubeでお歌を聞いた際に藤山先生と。

青空は

明日までも届く

営みを

届けたかったと

あの夏を泣く

※盗難された可能性大。私が書いた墨書の親書は一枚も他に

  渡したこと無く、もしあればご連絡ください。花押と共に押印

 することとします。美空先生に「もののふ」と誉めて頂いた親書

 も盗難可能性大。今一度確認しますが、もしそうなら本当に口惜  しい。

伝えたき

ことはあれども

そのどこか

軽ろんず心

重さは反比

長崎の鐘買うならこちらで

ちゃ~んと長崎の鐘

今日は広島の原爆の日。
『原爆を許すまじ』を子どもの頃に歌いました。おばが「うたごえ」をやっていたので、それで教わったのか、小学校2年生の時の担任だった多久先生に教わったのか(「うたごえ」運動のリーダーでもあった。教室で「線路は続くよどこまでも」をアメリカの労働者の歌だとして、歌詞も原詩ににちかいもので教わった。数学教育協議会の九州の中心的な実践家でもあった)、はっきりしないけれど、とにかく小学生のときに覚えました。
もう歌われることも少ないけれど、ここにあげておきます。
(*「うたごえ」というのは、昭和の20年代後半から、「うたごえは平和の力」として展開された青年運動)

作詞:浅田石二、作曲:木下航二
1)ふるさとの街焼かれ
身よりの骨埋めし焼土(やけつち)に
今は白い花咲く
ああ許すまじ原爆を
三度(みたび)許すまじ原爆を
われらの街に

2)ふるさとの海荒れて
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの海に

3)ふるさとの空重く
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの空に

4)はらからの絶え間なき
労働に築きあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
世界の上に
(メロデイーはここに⇒
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_6629.html)

1954年(昭和29年)3月1日、アメリカは、中部太平洋のマーシャル諸島のビキニ環礁で水爆実験を行ないました。その際、近海でマグロ漁船が被爆をします。とくに第五福竜丸の無線長だった久保山愛吉さんがその結果なくなります。
この事件を機に、原水爆禁止の声が一気に広がりました。

この曲は、うたごえ運動に関わっていた東京大田区の工場労働者・浅田石二が詞を書き、都立日比谷高校の社会科教師・木下航二が曲をつけました。発表したのは1954年7月28日。久保山さんが亡くなったのは9月23日、葬儀では、静岡大学の学生たちがこの歌を歌って送ったといいます。

原爆のことを歌った歌と言えば、『長崎の鐘』もあげておきます。
長崎医科大学(現長崎大学医学部)助教授だった永井隆氏が自らの被爆体験を書いた随筆がベストセラーとなり、1949年(昭和24年)7月にサトウハチロー作詞・古関裕而作曲で同書をモチーフとした歌謡曲が発売されました。翌1950年には映画化もされました。

藤山一郎の絶唱を聴いてください。
      ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚
チョビコが珍しく家の中で落ち着いています。
半分ノラのネコなので、いつもは家の中では落ちつきません。家の中に入りたい、人ったら出たい、その繰り返し。
外では網戸によいのぼります。家の中ではカーテンにぶら下がります。
このネコ、これでも女の子です。
(No.2216の記事)

長崎の鐘なんでかんでも大集合

1945年8月9日 11:02分

   長崎に原子爆弾投下

             約7.4万人死亡

      長崎の鐘  

    ↓ 

         

   唄:藤山 一郎

核は人間に

 幸せを与える物ですか?

 広島への原爆投下

 長崎への原爆投下

 チェルノブイリの原発事故

 福島の原発事故

       –おしまい–