完売を激安販売中です、心のゆとりを生みだす上質な逸品を紹介してます

こんばんはー??
本日は、manaが担当致します

そんな今日は!!!明日の新作のお知らせです
是非、お付き合い下さい(・ω・)?
#Vネックデザインニット
オフホワイト/ブラック/ブラウン\7,452(tax in)

#メタルバンドルバケットバッグブラック/レッド/ブラウン\8,532(tax in)
#ラウンドデザインリングシルバー/ゴールド
\5,292(tax in)
#ラウンドデザインバングル
シルバー/ゴールド\7,452(tax in)
#カラーモチーフイヤリング
ブラック/グリーン/ブラウン\5,292(tax in)

ここからは…?スタッフ新作コーデのご紹介です
ERI*157cm
#エンブロイダリーブラウス
オフホワイト/ボルドー/ブラック\9,612(tax in)

#サイドスリットカラーストレッチデニムボルドー/グリーン/ベージュ24/25/26\12,960(tax in)
#フェルトHAT
ブラック/キャメル/ベージュ\7,452(tax in)

デニムが差し色となりエンブロイダリーブラウスのボルドーと相性ピッタリ ??

MAO*164cm
#タートルネップリブニット
アイボリー/ネイビー\8,532(tax in)
#サイドスリットカラーストレッチデニム
ボルドー/グリーン/ベージュ24/25/26\12,960(tax in)
シンプルな色遣いでより大人っぽく?デニム合わせに飽きてしまった方にもおすすめです
最後にこちら ??明日からのFAIR情報

①ニットフェア

②アウターフラットプライス

#ミリタリーロングコートカーキ通常価格 \15,120(tax in)
#ノーカラーロングコートオフホワイト/イエロー/グレーS/M/L通常価格 \17,280(tax in)
こちらの2アイテムがなんと!!\12,000(tax in)
③新宿店限定SET FAIR

#ショートボアブルゾンオフホワイト/キャメル\10,692(tax in)
#ショートボリュームスウェット
レッド/グレー/ブラック\5,292(tax in)
前回大人気だったこちらのセット販売??SETで\12,000(tax in)となっております?
新作、FAIRも盛り沢山なあした!!是非遊びにいらして下さい?

皆様のご来店心よりお待ちしております

Twitter ⇒ ルミネエスト新宿店??毎日更新してるTwitter もrealtimeのお届けも…
Instagram ⇒ ungrid_yuri??新作itemオススメitem&yuriさんのprivateも

MS PASSPORT ⇒ 会員登録??ご登録して頂きますと1pt 1円からご使用して頂けます
11012@m.ms-passport.com
↑こちらに↑空メールして頂きますとスムーズにご登録できますよ\( ¨? )/
*記載のない商品に関しましては完売商品もございますのでご了承ください。

商品・在庫などのお問い合わせはこちらではお答えできかねますので店舗または本社に、直接お電話にてお問い合わせくださいませ。
Ungrid 新宿ルミネエスト店03 3353 2902

担当  井上

ココロも満タンに 完売

 6月のPITTI UOMO初日のスタイル。 
打ち合わせをしたわけではないですが、私も西口も金ボタンのダブルのブレザーにグレーのパンツにレジメンタルタイ。  シャツがワイドではなくタブカラーやラウンドにカラーバーというのも雰囲気が似ています。      かなりスナップを撮られたので、色々なサイトやSNSにアップされていました。  クラシックなスタイルが戻ってきているので、正統的なスポーツジャケットであるメタルボタンのブレザーが今の気分なのは我々にとっては当然の事なのです。  私は80年代後半から90年代前半の空前のブレザーブームを経験しているので、懐かしさもありながら今また新鮮という感じです。
因みに、西口は当時中学生でその空前のブームをリアルに体験していないので、メタルボタンのブレザーはかなり新鮮に感じているのだと思います。  その空前のブーム以前も60年代から70年代にもブレザーのブームがあったので、やはりクラシックは時代性を反映しながらリバイバルするという事なのです。
10年以上続いたドレスクロージングのカジュアル化の流れが終わってから、その反動でクラシックなスタイルが再注目されています。  その流れの中で、ここ数年色々なアイテムやディティールが出て来ていますが、すべて過去に流行った事のあるものなので、とっぴおしも無いトレンドが急に出て来た訳ではなく、そういうものがリバイバルして出てくるのには必ず理由があるのです。  だから、”そんなもの流行るわけない” とか ”流行りものでしょ” とか ”一過性のトレンドでしょ” なんて思わないでくださいね。          メタルボタンに関しては数年前にミリタリーの流れでシルバーメタルボタンが少し流行ったことがありましたが、ゴールドのメタルボタンが注目されるのは、その80年代後半から90年代前半のブレザーブーム以来ではないでしょうか。

そして、今シーズン久しぶりにBEAMSのお客様やスタッフの間で金ボタンのブレザーブームが起きています。  TAGLIATORE、STILELATINO、DEPETRILLO、BEAMS Fオリジナルと色々なブランドで展開しているのですが、タリアトーレとデペトリロは入荷後すぐに完売、スティレラティーノは予約でほぼ完売、BEAMSのオリジナルは納期遅れだったので、シーズン当初からほとんど店頭に並ばない状況でした。  申し訳ありません。          さらに、こんなものまでよく売れました。http://www.beams.co.jp/item/beamsf/fashiongoods/21650125107/ ある取引先の倉庫に眠っていたデッドストックのメタルボタン。  80年代に日本の熟練した職人によって作られた日本製のデッドストックのメタルボタンですが、これが入荷後完売続出で倉庫にある在庫を追加で全てもらうような状況。  こんなにゴールドのメタルボタンが注目されるのも本当に久しぶりです。           そして、先週納期が遅れていたBEAMS Fのオリジナルのブレザーがやっと入荷しました。   http://www.beams.co.jp/item/beamsf/jacket/21161482264/    http://www.beams.co.jp/item/beamsf/jacket/21161481264/

BEAMS F オリジナルはダブルだけでなく、シングルも展開しています。  タリアトーレやスティレラティーノと同じチェンジポケット付です。
ブレザーの雰囲気に合う英国素材を選んだのも拘りです。             ネイビーブレザーだけでなく、こんなブレザーも入荷しました。http://www.beams.co.jp/item/beamsf/jacket/21161125786/     ウールとコットンを混紡したデニム調の生地を使ったブレザー。
実は、このデニム調の生地と言うのがイタリアのファブリックメーカーの中でちょっとしたトレンドになっているのです。
ゼニアやロロピアーナもデニム調の生地を展開しているくらいですから、その流れが広がっているのがわかります。  このジャケット、当初は普通のボタンを付けたジャケットで展開する予定でした。
最終的に裏地やボタンを決める際に、突然閃いて金ボタンのブレザーにしようと私が言い出し、ディレクターの西口も同調してくれて実現したジャケットです。
そして、付ける金ボタンはちょっと薀蓄のあるボタンにしようと言うことになり、付けた金ボタンがこちら。   
実はこのボタン、30年以上前にBEAMS Fのオリジナルのブレザーに付けられていたボタンなのです。
BEAMS F 創設当初のイカリのマークのエンブレムを入れたブレザーボタンです。  私が入社した31年前にはギリギリこのボタンが付いたブレザーがありました。
社内に大小一箱だけストックがあったので資料として残していたのですが、最近リングヂャケットさんに当時のストックが残っているのが偶然見つかり、それなら由緒正しいこのボタンを使おうと言うことになりました。          因みに、上の画像で着ているこのブレザー。    実はインディゴ調の色のウール×リネンの生地です。

 そして、ボタンはそのオールドBEAMS Fの金ボタンを付けているので、ある意味デニムと金ボタンの相性の良さは既に自分自身で検証済みということです。
このブレザー、ほとんどの方がノーマークだと思いますが、個人的にかなり気に入っているので、興味のある方は是非最寄りの店舗で実物をご覧になってみてください。           私も春夏に続き秋冬も金ボタンのブレザーを着ています。  かなり前に購入したCANTARELLIのプラネットジャージのダブルブレストのブレザー。    ボタンは当初シルバーのメタルボタンが付いていましたが、金ボタンに付け替えました。  普通のフランネルにしか見えないジャージ素材と大きくラウンドした襟が特徴のブレザー。
  6年以上前に購入したものですが、古さを感じさせないどころか、まさに今の気分にぴったりのブレザーです。         春夏同様レジメンタルタイを合わせてもいいですが、こんな感じでネイビーのタートルネックを合わせるのもいいかなと思っています。    因みに、この画像は六年前のもの。  パンツはもう少し濃いグレーで靴は黒の方が今の気分です。

 基本は六年前と変わりませんが、クラシックなスタイルもちょっとした変化は必要です。  だから、クラシックにも流れがあり、それを柔軟に取り入れることが重要なのです。
   
  &
nbsp;