奢るjwaveは久しからず

ラーメン二郎荻窪店に行きました。

1ヶ月以上前の桜がキレイに咲いていた頃のことです。
この日も残業を切り上げたのが荻窪店の閉店時間に間に合うかどうかの微妙な時間。
夜桜がとてもキレイでしたが、あまり眺めている余裕はなくて。
いつも書いていますが、荻窪店は営業時間内に到着さえすれば食べることができる優良店で、コチラも安心して向かうことが出来ます。
食券先買いのローカルルール通りに個人的定番である一番スタンダードな小ラーメンの食券を購入します。
やがて空いた席に座り一息つきます。
厨房では店主さんと神保町でも働かれている大柄な男性助手さん。
厨房の中は和気あいあいとしている感じですが、動きにはムダが無いように見受けられます。
そんなやり取りを店内BGMのJWAVEを聴きながら見ていたら、麺が茹で上がりトッピングを聞かれました。
野菜とニンニクをリクエストした後に、助手さんの手により盛り付けがなされ僕のラーメンが到着。
小ラーメン\700+ニンニク少し+野菜です。
いつ見ても豚が大きい。
ニンニクは少し。ニンニクの脇にはちょっとだけほぐれた豚が入っていたので野菜と一緒に食べました。
その野菜の茹で加減は少しシャキシャキ寄りでキャベツも多め。
そう言えばモヤシが高騰していると聞きますが、二郎の仕入はどうなんでしょうか。要らぬ心配なのは重々承知しておりますが、何となく気になるところです。
そしてその野菜の山の斜面には巨大な2枚の豚が。
部位は肩ロースである程度脂身があって、肉の部分は歯応えがあります。
この豚を少しかじって野菜を食べたり麺を食べたりと……そんな食べ方が好きだったり。
スープは濃厚ながらもガツンとくるしょっぱさとかは感じない荻窪店独特のモノで。
肩ロースの豚肉やその他のダシを取る素材が独特なのか、他店ではあまり類を見ないスープの味わいになっています。
天地返しをすると二郎標準から考えても多めの麺が出てきました。
固めの茹で加減で表面にヌメリがない個人的に好きな食感の麺は少し縮れていて、前述の濃厚なスープを一緒に持ち上げます。
この麺だけをズバズバ食べて行って、あまり全体が減っていかないような感覚(実際にはもちろん減って行っています)も、いかにも「二郎を食べているなぁ」という感じがして、好きな瞬間だったりします。
好きなモノを自分のペースでたくさん食べられる……そんなところにささやかな幸せを感じつつ完食となりました。
食べ終わった丼をカウンター上部に上げながら「ご馳走さまでした。」と店主さん助手さんに伝えて、まだ少しだけ寒い夜道を再び駅に向かって歩いて行ったのでした。

jwaveをうまく使う、たったひとつの冴えたやりかた

誕生日に際し、LINEやFBメッセージ、タイムライン投稿でたくさんのお祝いを頂き、ありがとうございました  
どれも心温まるコメントばかりで、改めて周りの方々に恵まれている事を実感しております。?
今年も、 10日前から心友達がお祝いをしてくれるサプライズ続きでした

三ッ星フレンチ 「カンテサンス」では、大好きなメンバーに岸田シェフお手製のバラでお祝いして頂きまきた

誕生日とは、両親をはじめ、支えて下さっている方々に、改めて感謝をする日だと思っています。
なので、行く先々で過分なお祝いをして頂き、とても恐縮しておりますが、こんなにも温かい方々に囲まれている事を再確認しております???
相変わらず、甘ったれでワガママな私ですが、今後共どうぞよろしくお願いします
#バースデーメッセージ  #バラスイーツ
#三ッ星フレンチ  #カンテサンス
#instagood  #tbt  #photooftheday
#love  #instafollow  #webstagram  #japanesegirl  #品川  #バラ #ショコラ
#jwave #東京グルメマップ