あの大手コンビニチェーンが選んだ振り付けの10個の原則

幼稚園とか学校の行事って、正直けっこうめんどくさいと思ってた。
下の子も面倒見ながらだから、思うように動けないからゆっくり見れないし、人混みでとにかく疲れるから今まではほんとそんな感じだった。
行けないって状況になって初めてそのありがたみがわかるんだね。
送られてきた動画や写真を見て、また泣いてしまった。
ほんと泣き虫。
一生懸命すぎる我が子のダンスに
まさかの玉入れでも踊らされてる
いちいち振り付けが可愛い
どんな気持ちで踊ってるのかわからないけど、見て欲しいって言ってたから、頑張ったんだろうな?

とってもカッコよかったよ

あとで電話で伝えよう
きっと下の子は、たくさんの人に怯えながらお菓子を食べまくったんだろうな?
来年こそ!お弁当も張り切って作るぞ?

振り付け専門ショップ購入道案内

【Absolute Skatingの和訳】

下に載せましたAbsolute Skatingでの氷艶レポを

友達のJuriさんとnorotonさんが訳してくれました。

元記事

Hyoen-Basara, the once in a lifetime experience

for figure skating fans!

氷艶破沙羅、フィギュアスケートファンにとって一生に一度の経験

2017年8月12日

By Atsuko Kuryu

Photos c 2017 Hyoen all rights reserved

日本のフィギュアスケートは歌舞伎という偉大なるパートナーを見つけ、これまでで最も壮大なショーを生み出した。氷艶-破沙羅、この完璧なるコラボレーションは東京代々木第一体育館に集まる人々を感動で震えさせた。

歌舞伎とは日本の伝統的な舞台演劇であり、その歴史は数百年に遡り、現在に至るまで人気である。中にはさまざまな海外の演劇を通して目にしたことがある方もいるかもしれない。 誇張した動きや化粧、孔雀のような衣装や、非常に独特な芸術スタイル、歌と踊り、といった特徴がある。ユネスコ無形文化財に指定されている。演劇というよりも浮世絵の題材としてのほうが知られているかもしれない。

市川染五郎、市川笑也、中村亀鶴といった何人かの若い歌舞伎役者たちがこの舞台に参加している。高橋大輔、荒川静香、織田信成、浅田舞、村上佳菜子といった偉大なるスケーターもこのファンタジードラマに参加した。まず稲女神(静香)の美しいプロジェクションマッピングから始まる。神話の女神は善と悪を戦わせるため歌舞伎の有名な登場人物たちを召集する。善の神(信成)は日本初代の天皇である神武天皇の曽祖父だが、猿田彦(亀鶴)とその妻天鈿女命(佳菜子)が整えた見合いの場で(舞)に恋してしまい岩長姫を無視する。岩長姫は激怒し悪の神と化身し、歌舞伎の世界で最も悪役の仁木弾正(染五郎)を呼び寄せ、瓊瓊杵尊と木花開耶姫を捕虜とさせる。

猿田彦は迎え撃つため、歌舞伎の世界で最も人気の英雄である義経(大輔)を仲間として呼び寄せる。こうしてストーリーが始まり、多くの戦い、勝利と敗北へと続くのである。最後は善が悪に勝利し、役者もスケーターも悪役側も全員がステージに上がり、荘厳な結末となる。その他のスケーターは鈴木明子(静御前、義経の妻)、大島淳、鈴木誠一、海老名秀太、佐々木彰生。全員猿田彦の助っ人である。

パフォーマンスはただただ素晴らしくエキサイティングだった。初演を観に行ったので、そのせいだと思うが、第一幕は少し自分の記憶はあいまいな部分があった。役者もスケーターもどちらも歌舞伎の特徴を生かせないでいる、と感じたのだ。役者の動きは滑る氷の上で自信がなさそう見え、スケーターは歌舞伎の大袈裟ともいえる動きに慣れていないように見えた。 しかし、第2幕の最初の部分でこういった気持ちは吹き飛んでしまった。グループナンバーは本当に美しく、またその直後、歌舞伎役者たちがそれぞれに自由な動きをするための4台の四角い台が置かれた。彼らのクラシカルな日本舞踊は美しい姿と伝統的な歌舞伎の衣装、そして観客とがあいまって、氷上で光り輝いたのである。彼らの舞が終わると今度は4台の台は一か所に集められ、そこに面を着けた一人の男が日本的な舞で場を沸かせるのだが、これが素晴らしく表現に満ち溢れたものだった。歌舞伎の所作の中にヒップホップが織り交ぜられており、後に分かるのだがなんとこの男は髙橋大輔だった!彼は氷上にいる時と同様、床の上でもまったく素晴らしいダンサーであった。彼の舞は間違いなく会場にいた全ての人々を感動させた。この瞬間から、ショーは息をつく間もないほどの長いクライマックスへと移ってくのである。常に歌舞伎の伝統にあるように、観客は最後まで入り込んでいた。それが氷上であっても。

このように魅力的な何かをレポートするとき、ショーの荘厳さを説明するのに十分に言葉にできないでいるのは少しイライラする。大輔が氷上でどんなに見事で魅力的に役を演じていたか、静香が美しい女神だったか、信と舞が役でどんなに気高かったか、どんなに可愛く、でも辛い苦悩をもって役のなかで明子が亭主のために舞っていたか、を完全に説明することができません。スケーター全員は彼らの役どころを秀逸に演じ、歌舞伎役者に果敢に挑戦したといえよう。そして、歌舞伎役者たちは氷上でスケート靴のある無しに関わらず大変自由に動いた。笑也はかつてホッケーの選手だったので必然的に彼のスケーティングは満足いくものだろう。しかしながら染五郎、亀鶴をはじめ他の役者も笑也と並び比較されるほどスケーティングは良いものだった。

スケーターと役者の素晴らしさに加え、照明、音楽、演出、振り付けといった他のファクターも記述に値する。また、プロジェクションマッピングも非常に効果的で、「あなたもこここにいる」感覚を醸し出し、まさに経験しているかのように入り込むのだ。いかに氷艶があっと驚くものだったかを延々と述べるかわりに、私の同僚の話をしよう。彼女は初演を一緒にプレスのパスを持って観に行き、結局他の回も観られるようにチケットを買って帰ったのである。

残念ながら、歌舞伎役者の肖像権の問題で海外インターネットメディアは写真を撮影するのは許可されなかった。公式制作サイドが代わりに何枚かの写真を使用させてくれている。しかし、この輝かしいショーを映し出すには十分ではない。もしあなたの興味に火がついて、もっと知りたいと思ったら「氷艶」で画像や動画をググってみてください。このショーの海外でのツアーを企画していると聞きましたが、まだ具体的な話はありません。でもこれだけは言わせてください。もし機会があったら絶対に行くべきです。何故ならこれまであなたが見たこともない最も素晴らしいスペクタクルだから!

Juriさん、norotonさん、ありがとうございました~!

記者さんの興奮度が伝わってきましたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【大ちゃんインスタストーリー更新】

海ですか。

波、気をつけてくださいよ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おはようございます。

世界陸上のボルトのラストラン、ああああ~~~足が・・・・

なにが起こるかわからないスポーツ

なんか、そういう星回りが似たようなヒーローを知っています・・・・。

Absolute Skatingで氷艶のレポ。

大ちゃんのこと絶賛!

Hyoen-Basara, the once in a lifetime experience 
for figure skating fans!

シェリルさんのインスタ写真、素敵~~~。

先日の豊田市でのモーニング。

名古屋名物お得モーニング。

トースト、ゆで卵ついてのコーヒー 390円

かわいいマンホールもあったんですよ。

お祭りモード。

あの香ばしい五平餅の香りが顔のまわりにまとわりついていて、

また食べた~~~~~い!!

今日の夜はLOTF完全版再放送!

また撮るぞーーーー!!!