振り付けもちろん大好き

ネタバレしています。

ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
ネタバレしています。
前記事の続きです。
センターステージでのMCのラストは、亮ちゃんのドラマの話でした。
ヒナと丸は確実に見ているみたいでしたよ!
そういう感じで話してました。
(他のメンバーは不明。ま、横は見てなさそうwww)
「奇跡の人」の話になって。

大:歌い方がわからへん
亮:みつけてくれたらいいな
す:せやな。。。

そんな事を言いながら、
「座って聴いてください」
と、この歌が始まりました。
(ちゃんとフルサイズで歌ってました)
正直。
ザ!さだ節なこの曲を、好きかどうか聞かれたら、ああ・・・さだまさしだな、まさに・・・・・・・という感想しか持ってない私ですが(笑)
(特に、”関白な男”が大の苦手な私なのでwww関白宣言という曲も、めっちゃ苦手だった)
ドラマにめっちゃ合うのは間違いないので。
主題歌として、大事にしたい曲です。
特にあのセリフなんて、関ジャニ∞がお得意とするところだと思うんで。
(寸劇チックな歌だし)

2番Aメロ?とかの聞いたことのない部分は、なかなかキツイことを歌っていましたよ(笑)

でもあったかい曲なんで。
聴いていて、ほっこりしました。
じんわりする。。。
この曲。。。
すばるが「今でも大好きと」という歌詞のところでとっても照れた顔をして。
それがものすごおおおおく可愛かったです。
映像
これもあの、注意勧告するアニメーション仕様で。
これからアイドルやるから楽しんで!みたいな内容だったかな。。。
(うろおぼえ。。。)

「JAM LADY」

ギラギラのオレンジやピンクのスーツを着た7人が、メインステの上空から降りてきました!
ザ!アイドル!
あああ。
安心する。。。

と、この時の私は思いました(笑)
今回のステージ編成は、こんな感じ。
左右のムビステは左右に動くし。
センターのムビステは、当然前からバクステまで移動します。
メインのステージは、キューブ状に分かれる仕組みになっていて。
これが色んな演出で使われてました。
ここに映像も映るし(プロジェクションマッピングなんだろな)色も変わるし。
JAM LADYの時は、夏!!って感じの映像やPOPな歌詞なんかが映ってたかな。
で、手前から噴水も出てた。
前記事にも書きましたけど。
最初のバンド構成の部分では、床は単なる床のままだったので(笑)
(本当にシンプルで。やっぱりあれ、フェスをイメージしてたんだろな)
一気にステージがジャニコンっぽくなりました。
「罪と夏」

メインステからセンステに続く花道は、噴水のトンネルになって。
(久々に見た気がする。。。FIGHTコンのWater Dropみたいなヤツね)

そこを7人とジュニアダンサーズ(勝手にこう呼ぶ)が移動。

センステはムビステになっていて。
そのままバクステへ。
やっぱり夏コンで聴く「罪と夏」はいいですね~!

「DO NA I」

きたああああああ!

バクステで、細身のオレンジ&ピンクのギラギラスーツを着た7人が、ガッチリ踊って歌って。

かっこよかったです。
(それしか言えね~)

「キングオブ男」

バクステでそのままガッツリ踊る。
途中から小さなカートにバラバラに乗って前に移動。

亮ちゃんとすばるのいつものあの場面では、いつものように歓声が沸き起こっておりました。

「なぐりガキBEAT」

これも移動しながら・・・だったかな?

関西ジュニアのみなさんのダンス。

「ANSWER」

メインステージに3人。
楽器なし。
ザ!ジャニーズな感じでダンスをしっかり踊っている曲でした。

出だしは少年隊だった。。。確か(笑)

後ろのモニターには、ジュニア時代の3人の写真が、何度か映って。

彼らをジュニア時代から応援している私の相方の先輩は、ここで号泣してました。

ステージが先述したように、キューブで段差が次々変わったりするんですよね。
そのキューブ+三馬鹿の演出が、松竹座時代にもあったそうなんです。
(モチロン今回のような豪華なステージじゃないんだろうけど)

古くから彼らを応援しているエイターさんは、号泣ポイントかもしれません。
それも、3人の優しさだな。。。と私は思いながら見てました。

「ノスタルジア」

年下4人、順に登場してきます。
歌のパートに合わせてました。

バクステから丸。
上手ステージから大倉。
下手ステージから亮ちゃん。
最後にメインにヤス。
緑の妖精みたいな衣装。

これがね。
どうやら近くで見ると可愛かったらしいのですが。
天井から見るこの衣装は、ただただ???????
しか浮かばなくて(笑)

なぜこんなかっこいい曲にこの衣装なんだ。。。

を、この後私は延々と思うことになります(笑)
4人はガッシガシに踊りながら歌って、メインステに集まります。
そのキューブな舞台が色も変わったり高さも変わったり、映像も映ったりする代物で。
素敵だったんだよな。。。
この曲。
演出も歌も、何よりダンスがとっても良かった。。。。。。。

メインステに7人全員そろって

「Sorry Sorry love」

私、実は今回のライブがどんな演出か予想してた時、
(今までにない感じと横やすばるが言ってたんで)

ダンスパート編と、バンド編の2部構成じゃね?
って実は思っておりまして。
(ふふふ当たりました)

でも、そうしたらダンス曲、アルバムにはあまりないし。
曲足りなくない?
等々、盟友に言われたりしてたんですが。

彼らの場合、ダンス
曲は過去モノをもってくるパターンが多いので(笑)

そこはもう、過去モノがいくつか来るんだろう、まさかのまた!「ブリュレ」とかwwwいやいやさすがに「ブリュレ」はもうないだろう。。。とか思ってたんですが。
「ソリソリ」が来るとは!!
(ちなみに、私は「マスターピース」が好き)
ガッシガシに踊る7人はとてもかっこよかったです。

が、残念なことに、その緑の妖精衣装だけが???????だったんで(笑)

あああああー!
かっこいいスーツとかで踊ってくれてたら今ごろ吐いてたかも。。。
と思いながら観てました(笑)

「WASABI」

メインステのまま踊りだして、ムビステでバクステまで移動。
きたあああああああ!
私、この曲のダンスすごい好きで。
(特にあのヘドバンな振り付けが)

でも元気コン、大倉がいなかったし。
そもそも元気コンDVDのこの曲、ダンスを観たいのに、歌ってる人のバストアップばっかりな映像になってて。

ちぇ。。。。

だったので(笑)
この曲が7人で復活したことがうれしくてならない。

お願いだから、今度のDVDではばっちりダンスを映してください。
ただ。
あの緑の妖精衣装が。。。(まだ言うwww)
あの衣装が、かっこいいスーツとかだったら吐血モノなのに。。。

一旦あげます。

続く。

報道されなかった振り付け

ALOHA!  


子連れママフラ講師 Hiromi です。
以前、 で、未経験の方でもフラダンスはできますよ、とお伝えしました。
しかし、「小学生になってない子どもにフラダンスをさせるのは、さすがに早すぎるわよね?」という、疑問をもつママたちもいらっしゃるみたいですね。
いえいえいえ!!
フラダンスは、ほかのダンスやスポーツに比べて、断然、年齢層が広いんですよ!!

筋肉のない子どもでもできます
フラダンスは、いわゆる腕や足の筋肉をトレーニングして使うという、激しいダンスやスポーツではありません。
そのため、筋肉のない子どもでも、ムリなく踊ることができます。
一方、運動強度は高くなくとも、ゆっくりとした動きをじっくりと長時間踊ることによって、インナーマッスルや体幹と呼ばれる、身体の内部の筋肉はしっかりと鍛えられていきます。

これにより、しっかりとブレない身体の軸がつくりあげられ、自然と姿勢も美しくなります。

そういった意味では、別のダンスやスポーツの基礎にもなっていきますね。
小さな子どもでも一曲踊れます

フラダンスのハンドモーションと呼ばれる手の動きは、手話のような振り付けで、曲の歌詞を表現します。

ここではお花を、ここでは風を表現して、、と、振り付け自体に意味があるものなので、小さな子どもでも比較的覚えやすいのです。
実際に、わたしの子どもたちも2歳くらいから、わたしをマネて、それっぽい動きをするようになりましたよ。
コチラは鳥のポーズをマネている、当時3歳の長男です 笑
小さいころからするメリット

フラダンスをすることによって、ほかの習い事では身につきにくい、大人顔負けの表現力が身につきます。

そして、表現力を身につけるためには、この歌詞は何を表現しているのか、どう伝えればいいのか、という曲からの読み取りが必要になるので、読解力、想像力も同時に身につきますよ。


さらには、フラダンスは個人の能力を高める一方、チームで踊る集団行動ですので、まわりへの協調性も芽生えます。

誰が主役になるか、ということを競いあうものではないので、お互いに高めあうということに重点を置くことができます。

なにより、ステージなど、同じ目標に向かって励ましあう友だち、仲間は、かけがえのない財産になりますね。

フラダンスは生涯スポーツ

おもしろいもので、表現はそのときどきで変わっていくんですね。

子どものころなら、元気はつらつと、、

結婚後は、愛を知り、幸せにあふれた、、

妊娠、出産を経て、優しさにあふれた、、

おばあちゃんになると、すべてを包み込むような、、
そんな表現に変わっていくんです。
フラダンスとともに生きることで、人生は豊かになります。
小さなころからはじめれば、おばあちゃんになるころには大ベテランですね。
“ママフラ”でも、お子さまにもメリット!
秋ごろ、お子さま連れ大歓迎の、ママのためのフラサークル “ 新宿 〈初心者限定クラス〉” を立ち上げ予定です。

こちらのサークルでは、子どもはママのまわりで遊びながら、ママを対象にフラダンスのレッスンをします。

とはいえ、子どもが直接習ってなくても、ママの練習中の動きを見て覚えて、そのまま一緒にステージデビューしちゃうという子もいるんですよ!

子どもたちが誰より、ママたちの頑張りをよく見てるからですよね。

もちろん、ママが自分の子どもの先生になって、直接フラダンスを教えてあげる、なんてことも大歓迎です?!

ママ自身の勉強にもなりますし、それも親子のコミュニケーションの一つですよね。

ママと子ども、世代が違っても、一緒に楽しむことができるのも、フラダンスのいいところです?


現在は、四谷三丁目、新宿御苑前付近で、お子さま連れでも通いやすいようなダンススタジオを探している途中です。

ママとお子さまで楽しむことができるようなフラダンスサークルを目指して頑張ってますので、詳細発表までもうしばらくお待ちくださいませ!
今日もみなさまにとって、ALOHA(愛)に満ちあふれた1日になりますように? 
MAHALO

現在ご案内中の講座
新宿区の親子ひろば”ミマモcafe”

『初心者向けフラダンス講座』

次回開催は夏休み明けの9月を予定
具体的な日程はコチラでご確認ください↓

ミマモcafe

今後ご案内予定の講座
《9月》新宿区の子育て支援センターにて、フラダンス講座を予定


《秋頃 》”フラダンスで子育てをもっと楽しく!ママがつくるALOHAの環”をコンセプトに、ママフラサークル “Mother of Aloha 新宿 〈初心者限定クラス〉” を立ち上げ予定
現在は、四谷三丁目、新宿御苑前付近で、お子様連れでも通いやすいようなダンススタジオを探している途中です!

まだ詳細は決まっていませんが、先にご連絡をいただいた方には、優先的にご案内いたします。

ご連絡をいただけたら、わたしのモチベーションもグッと上がりますので、ご遠慮なく、お気軽にご連絡くださいね??