jwave もっと世界を自由に。

アゴちゃんがJwaveを細かくにらんでるヽ(・ω・´;)ノわー誰かとめないとアゴがアゴが
〓しょうこ〓

第一次産業のことを考えるとjwaveについて認めざるを得ない俺がいる

隆二くんは
わたしの想像を
遥かに超えてました
今まであんな妄想をしていた
自分を恥じました
初めて
ゼロ距離で見た隆二くんは
(ごめんなさい距離はあります)
あまりにきれいで
かっこよくて
可愛くて
髪の毛の流れも
眉毛も
まつ毛も
鼻筋も
唇も
歯も
耳も
大きなピアスも
イヤモニも
イヤモニのコードも
うっすら見えたホクロも
そこを流れる綺麗な汗も
薄めのヒゲも
大きなぶら下がったピアス
細いあごのライン
細い首
喉仏
首のキズがあんなに深いなんて
掴めちゃいそうな
細い手首
長くてしなやかで
綺麗な細い指
手の甲に浮かぶ骨
・・・骨
靴履いてた
当たり前だけど
こんなに
こんなにも
綺麗な人がこの世にいるんだと
消えてなくなりそうな
儚さも感じて
でも
笑うととてつもなく可愛くて
細い手首に
異常な程の色気があって
妖艶で
神々しくて
こんな人が
この世にいるなんて
横顔は
JSBタオル握りしめながら
隆二くんに
穴が開かと思うほど
見つめてた
でも
正面を向かれると
あまりのかっこよさに
後ずさりして
頭の中では逃げ出した
それでも
初めて隆二くんの目を見れた
もしかしたら
気絶してたのかも
記憶が全て断片的で
気がつくと
隆二くんがすぐそこで
ストローちゅーって

< div style="text-align: center;">

口元にシワまでよせて
吸ってた
笑ってた
わたしはちゃんと
会えたのかなぁ
夢を見てたような
・・・
どーしても
アタマのキャパを超えてしまう
でも
間違いなく
隆二くんはそこにいて
歌ってた
一緒に参戦してくれた
友だちが
「お茶の間の距離だよね?」
って
そうだ!
よく考えたら
隆二くんが吐いた息
吸ったかも!
とか
思ったりして
・・・
ああ
そうか
隆二くんて
こんなにすごいんだね
イニミニも嬉しくて
まさか肉眼で
「あゆれでぃ?」
両手上げて
腰くねらせるのも
見れる日が来るなんて
ソロの新曲聴けるのも
思ってもなくて
ほんとに嬉しかった
ブライアンと作った曲
「Thank you」
幸せだね
ありがとう
たくさんありがとう
言ってくれたけど
ほんとに
こちらこそ
ありがとう
あぁ
隆二くん
あの場では必死すぎて
涙も出なかった
けど
今は急に涙が出てくる
ごめんなさい
レポじゃなくて
しばらく
抜け殻
だと思って
仕事行ったら
職場が大変なことになってた
こうやって
現実にまみれて
あの隆二くんの記憶
薄れちゃうのかな
忘れたくないなぁ
隆二くんがいなくなった
サブステージに
隆二くんが
ちゅーちゅー吸ってた
あのストローが刺さった
ペットボトル
いつまでも
置いてあった
欲しかった
おわります
こんなんで
おわり
あの場所に連れていってくれた
友だちほんとにありがと
一緒に参戦してくれた
友だちありがと
ドロドロのわたしに
会ってくれたみなさん
ありがとう?
汚くてごめんなさい
手ぶらで行ったのに
帰りにはたくさんのお土産
家に帰って
お手紙や写真嬉しくて
泣きました
隆二くん
幸せをありがとう
歌ってくれて
ありがとう
臣くんNAOTOさん
来てくれてありがとう
三代目のこと
愛してる
JWAVEさん
色々ありがとうございます?
最後まで読んでくれたみなさん
ありがとうございます?
つらつらと書いてしまって
ごめんなさい