jwave素材厳選通販ショップ

ラーメン二郎荻窪店に行きました。
平日の夜のことです。

到着したのは21時45分頃で店内には空席がありました。

食券先買いが推奨されていると言うか、荻窪店ではローカルルールになっていて公式にアナウンスもされています。
僕はいつも通り小ラーメン\700の食券を購入して空いている席に水を汲んでから座りました。

ガラス戸を背にしたカウンター(1 塁側)の方が背中にスペースがあって、だいぶ居心地が良いです。
JWAVEがBGMで流れていて、何となく聴いていると新たにお客さんが数人入ってきたりして、そのお客さんでオーラスロットだなぁ。なんて考えていたら、厨房では僕のロットの麺が茹で上がったらしく、トッピングを聞かれた後にラーメンが配膳されました。

小ラーメン\700+ニンニク少し+野菜です。
もはや安定感すらある荻窪店のラーメンのビジュアルが食欲をそそります。

ニンニクは少なめとリクエストしたので、そのくらいの量になっています。
「ニンニク」だけだと結構多目(経験上この量の1.5倍~2倍くらい)入るので、ニンニクは「少し」で良いと思っていたり。

豚は大判の肩ロース肉が2枚。
オーラスロットが近かったからなのか、端豚?が1枚(1個?)オマケのように入っていました。
この端の部分の豚は味も染みてて歯応えも良くて旨いなぁ。

スープは乳化しつつ醤油はまろやかなに効くという荻窪店独特のソレで、どの店舗にも似てなくなりました。
もし、モノ足りないと思うのならば(カラメをリクエストした場合も)、卓上にラーメン二郎専用醤油が置いてあるので、ソレを足すように促されます。

天地返しをするとミッチリと丼内に詰まった麺がどーんと顔を出しました。

濃厚なスープを纏った麺の茹で加減は固めで、表面はミシッとしていて中心に近づくにつれてグミっとした食感です(全然伝わらないと思いますが………)。
麺の量は二郎標準で考えても多い店舗だと勝手に想像していて、野菜も増量したので食べ終わる頃には相当お腹いっぱいになっています。

何となく卓上のFZ醤油をテイスティング?してみたところ、新宿小滝橋通り店の備え付けの醤油で感じたような「酸味」はあまり感じずに、旨味とともにまろやかさも感じるような味わいでした。
かなりお腹いっぱいになってご馳走さまでした。と。
そう言えばこの記事の訪問日はちょうど「使用済みのティッシュをカウンターに置かないでゴミ箱に捨てて欲しい。」というラーメン二郎松戸駅前店のツイートに対して、とある方が「その態度は天狗である」とクレームをつけた頃でした。
まぁ、使用済みでカウンターに置かれたティッシュが何らかの拍子(風とか)で厨房内に落ちてスープの寸胴に入る可能性とかもあるわけで。
僕は自分で使ったティッシュぐらい自分でゴミ箱に捨てようよ。というのが普通の感覚だと思っているのですが、いかがなものなのでしょうか。
この一連のツイートを見て何となくなんだかなぁ。と思ったりしました。

食べ終わって外に出る頃には営業時間が終了していました。

誰も知らない夜のjwave

Erika Yokoyamaさん(@erika0630)がシェアした投稿 –