完璧なFacebookなど存在しない

Facebookはうまさ

本日の西日本豪雨の被災動物関連情報まとめです。  ★日経社会部よりhttps://twitter.com/nikkeishakai/status/1018399909119078400?s=09 【トピックスから被災地から】岡山県倉敷市の避難所、二万小学校では犬も避難しています。名前はポン太くん。「ポン」の愛称で親しまれ、厳しい避難所生活を送る人たちに癒しを与えています。飼い主は被災者の石井貢さん(65)で、ポン太くんも自衛隊のボートで救助されたそうです。    ★認定NPO法人 日本レスキュー協会よりhttps://www.facebook.com/japanrescue1995/posts/1818244858251844 【西日本豪雨災害支援:報告10】 7月15日(日)、日本レスキュー協会動物福祉事業は、被災地へ支援物資を届けさせて頂きましたこと、ご報告させて頂きます。 被災された方々やペットの為にと沢山のご支援者様から当協会に届いた善意の品々をマイクロバスいっぱいに積み込み、広島県安芸郡(災害救助犬が活動した地域)を中心にお届けしました。 避難しているペットの種類や個体状況、地域や避難所によってニーズも異なります。
今回頂いた多種多様の物資(人用・ペット用)を持参できた事は、大変な強みであり、細かな避難者様のニーズに応える事が出来、喜んでくださり、より良い活動となりました。前回、ペットと避難所で同伴することが出来たが、暑くて狭い場所での飼育を一部で強いられていた事をご報告させて頂きました。
今回、同じ避難所にも伺いましたが、空調の整った場所を提供されるなど、より過ごしやすい環境に改善されていた事に少し安心しました。
そして2~3日前よりも避難所にいるペットやその家族も減っており、一見ペットと避難者は自宅へ帰ることが出来、問題も無くなりつつあると感じさせられました。 しかし、飼い主さんからのお話、そして地元で活動される愛護団体さんやボランティアさんと情報共有させて頂く中で、実際は異なることがわかりました。支援や物資を受けたくても受けられない方がいらっしゃいます。 ペットは避難所に入れず屋外飼養の為に諦めた飼い主さんや自身のペットが他の避難者に迷惑を掛けてしまうことが予想され、家に残された、知人に預けられた飼い主さんがいらっしゃいます。
また、避難所まで物資を取りに行くことが儘ならない、ペットと避難していないから受け取り辛いという理由の方もいらっしゃいます。
また善意で一時預かられたボランティアさんも、ドッグフードなど掛かる実費までも負担するとなると大変であり、しかし被災者である飼い主さんに請求することも出来ないなど、見えない所で困っている方が沢山いらっしゃることがわかりました。 この方々にも物資を届けたい。この想いを地元の愛護団体さんやボランティアさんにお伝えし、快く物資を預かって下さりました。 すぐにご報告も頂きました。平素より広島県で動物愛護活動を行われるドッグトレーナーの上野さんは、ネットワークを生かされ、行き届かない方へすぐに物資の提供を開始して下さいました。 当協会の予定を変更し7月19日(木)、岡山県を中心に支援物資を届けます。
もし避難所に物資が届いていない、困っているなど情報がありましたら教えて下さい。
コメントかメッセージを頂けますと助かります。 今後も、避難所集約や仮設住宅への入居などペットに纏わる問題が予想されます。
引き続き、皆様と「協働」する事で日本レスキュー協会事業理念である、犬とともに社会に貢献し、人とペットが真に共生できる社会を目指します。 日本レスキュー協会の被災地支援はこれから長期にわたって続きます。
引き続き皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。Yahooネット募金
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5020007/   ★KSB瀬戸内海放送より一部転載。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010005-ksbv-l33 堤防決壊の中…飼い犬を助けに 岡山・笠岡市で愛犬家の男性が犠牲に そして、嶋田昭文さん(73)が7日の朝から行方が分からなくなり、翌朝、自宅前の畑で遺体となって見つかりました。

(記者)「昭文さんは仮の避難場所になっていた、集会所から戻る途中でした。家までは100メートルほどです」 嶋田さんの愛犬  7日の朝、昭文さんは集会所にいましたが、愛犬を助けに自宅に戻ろうとしたと見られます。 (嶋田さんの妻/輝子さん(67))
「リビングでビール飲まないで、犬小屋のそばでビール飲んでたんですよ。それくらい犬が好きだったんですよ。他人にも優しいし、動物にも優しいし優しい人でしたね。ただもう残念の一言・・・青天の霹靂 残念の一言ですね」     ★Wan Lifeさんより。 支援活動の様子を投稿されています。 https://www.facebook.com/wanlife.kochi/?hc_ref=ARRxp4l67YOLy2Fjs2U6mUL1bVCjLrpn5eX7rC7CDKrConKP7VAwwTF2rw2e2oYbsfs&fref=nf   ★愛媛県獣医師会より。 被災動物の支援活動について。画像は記事元で。http://ehimeken-vet.or.jp/act_hisaisupport.html 災害時の動物救護活動に係る連携協定を締結している西予市からの要請を受け、本会が所有する飼育ケージ及び関連資材等を避難所に搬入するとともに、本会会員獣医師が現地に赴き、被災者と動物たちを労いました。   ★岡山県獣医師会よりhttps://www.facebook.com/okayama.vet/posts/263189577569715 真備地区の二万小学校の同行避難の教室の現在。屋外からエアコン設置の教室に移動出来心なしか嬉しそうなワンちゃんの姿に少し安心しました。今後は避難所から仮説住宅にペット同伴で入居出来るよう尽力していきたいと思います。   同じく岡山県獣医師会より。 被災動物に対する第2回巡回健康相談を7月22日(日)に行います。    ★えひめイヌ・ネコの会さんより。活動報告です。 大洲の避難所へ(1)https://ameblo.jp/ehimeinuneko/entry-12391435303.html