jwaveはTVなどで紹介されている大ヒット商品、見逃せない商品満載です

ラーメン二郎荻窪店に行きました。

平日の夜のことです。
到着は21時58分くらいでホントにギリギリでした。このくらいの位置からスタート。
行列は10数人。22時の閉店時間までに並べば食べられるのでフラレる事は皆無。ありがたいシステムです。
行列に並ぶ前にあらかじめ買っておいて食券は小ラーメンの青色の1本金ライン入り。
旧荻窪店の小ラーメン豚入りのソレです。
10時きっかりに看板の電気が落とされた後に店内から助手さんが出てきて、最後尾の僕にこの看板を預けました。
僕はこの看板をドラゴンクエストの仲間のように後ろに引き連れて移動するワケです。
店の前で看板を置いて、ドラゴンクエストで言うならば一人で入らなければならないダンジョンみたいな感じで店内に入ります。全然違いますが。
空いた席に座ってもちろんオーラスロットのラーメンが出来上がるのを待ちます。
厨房には店主さんと桜台でも働かれている物腰の柔らかいメガネの男性助手さん。
和気あいあいと作業されている感じです。
やがて麺が茹で上がってトッピングを聞かれた後に僕のラーメンが到着。
小ラーメン80+ニンニク少し+野菜です。
大判の豚が目立つ荻窪店独特のビジュアルです。旨そう。
ニンニクはリクエスト通りに少しだけ。
刻みは細かいです。
大判の豚は脂身もあって、とても食べごたえがあります。
看板持って移動したからひょっとしたら少しだけサービスしてくれたのかな。
スープはほどよく乳化していて醤油やダシもガツンと来るような主張はしていなくて、程よく効いている感じです。
天地返しをすると多めの麺が全貌を。
小ラーメンの麺量は全店比較してもかなり多い部類に入る荻窪店。当たり前ですがいつもお腹いっぱいになれます。
ちょっと固めに茹で上げられていて、表面が締まったイメージを受ける麺は啜り甲斐があって、スープも絡んで旨いです。
全体量を把握しているのでペースを落とさずちょうど良い塩梅で完食となりました。
オーラスロットだったので、僕が食べ終わる頃にはお客さんは殆どおらずに、厨房は後片付けの作業に入っていました。
また12時間後ぐらいにはまたJWAVEが流れて厨房にはテキパキとラーメンを作る店主さんと助手さん。そしてカウンターには黙々とラーメンを食べるお客さんがいる……そんないつも通りの荻窪店の1日が始まるのでしょう。
毎日夜は遅くまで朝は早くからお疲れ様でございます。

jwaveは一体どうなってしまうの

やほー!
バタバタな1日が始まってるよー!
 
 
今日は14時40分から50分まで、Jwaveをお聴きくださいね!
 
ペラリラとお喋りしてるよーーん!
ぜひぜひ!!!
 
 
それでは今日もよろしくねん! 
yakko